働くかもわからん。

働きたくないのです。

みんなでラーメン食べてみた

f:id:k_stereo_nhk:20161105164403j:plain

いきなり不細工な顔で失礼します、前巛K屋です。

今日はある場所に来ています。

ある場所と言いますと、

tabelog.com

ここに来ています。

以前の記事でも紹介したと思いますが、また一度紹介させていただきますね。

なぜすばじらぁに来たかというと、ここであるものが提供できると聞いてやって来ました。

それ何かと言うと、「ナベジラァ」です。

 

 

 

 

「ナベジラァ」??????

なんだそりゃ????「ナベ」と「ジラァ」???「おすぎ」と「ピーコ」みたいなものでしょうか。

「ナベジラァ」の字面から想像すると、想像した通りのものが出て来そうですがここはあえてなにも想像せずに行きましょう。

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164623j:plain

はい、着きました。

しかしながら、着いた時にはもうすでにシャッターが閉まっており「あ、今日はもう無理。超無理。まじで無理。家に帰って幽遊白書の桑原のモノマネして寝よう。」と思っていましたが、めちゃくちゃにゴネて店内に入ることができました。

 

 

 

店内で「ナベジラァ」について聞くと、むちゃくちゃでかいラーメンをむちゃくちゃでかい鍋にぶち込んで食す。というものでした。

これを初めて聞いた時、まじで何言ってるか理解できませんでしたが、無理やり理解しました。

店内に入ってからの写真は撮っていませんが、「ナベジラァ」の準備中、僕はずーっと「うわぁ…(恍惚」みたいなことを言っていました。

今思い出してもニヤついてしまいますが、けっして変な薬はやっていません。毎日ラーメン食べた後の割り箸を吸っているだけです。

 

 

準備が終わり、友人宅に持って行きました。

それがこちら。

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163412j:plain

笑う。

なにこれ、まじで。何もかもが多すぎ。よくマンガとかで「確かな重みを感じる…」というセリフがありますが、これを全部持ち上げた時にその気持ちがわかりました。確かな重みを感じる…。

 

なんにせよ、内容物を紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容物1:麺

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163437j:plain

麺です。

麺です。誰がどう見ても麺です。誰がどう見ても麺ですが、誰がどう見てもおかしい麺です。

 

 

内容量が多すぎる。

5〜6玉あると言っていましたが、あきらかにそれ以上あると思います。世が世ならこれを奪い取る時勢になると思います。多分、来ないと思いますが。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163456j:plain

実際に抱えてみると、赤子ぐらいの重みがありました。

確かな重みを感じる……。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164814j:plain

ちなみに、臭いを嗅いでみると…

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164833j:plain

あれの臭いがしました。

生命の息吹を感じる…。

 

 

 

 

 

 

 

 

内容物2:ブタ

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163542j:plain

ブタです。

チャーシューではありません。ブタです。なぜブタかというと、なんとなくチャーシューという名称で収まるような代物ではないと思ったからです。

だって見てください。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163607j:plain

禍々しすぎません???

はじめ見た時、「これって独裁国家の最終兵器か何かかな?」と思いました。

ちなみに、封を開けて触ってみたところ手がベタベタしただけだったのですぐにやめました。

 

 

 

 

 

 

内容物3:アブラ

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163631j:plain

アブラです。

何お言ってるかわかんねーと思いますが、これアブラです。本当なんです。信じてください。龍が如くにでてきたカラーギャングの名前が「ブルーZ」で、ダサすぎて信じたくない気持ちもわかりますが、本当なんです。

中を見てみると、

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163655j:plain

ノーコメントでいいっすか。

 

 

 

 

内容物4:カラメ

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163718j:plain

カラメです。

いわゆるラーメンダレみたいなもので、直飲みしたら即死します。使用の際は、用法用量を守って使いましょう。さもなくば、死。Dead or Aliveです。

 

 

 

 

 

内容物5:ヤサイ

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163517j:plain

ヤサイです。

ヤサイです。もうなんか量が異常なんですが、もう見慣れて来ました。はいはい、多いですね。もう勘弁してください。という風に投げやり状態になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

内容物6:ニンニク

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163737j:plain

ニンニクです。

はい、ニンニクです。まごうことないニンニクです。麺と同じく量が異常ですが、ニンニク好きな僕からするとまじでパラダイス。

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165137j:plain

では、早速臭いを嗅いで…

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165200j:plain

グェボォ!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーー

ーーー

ーー

 

 

 

では、調理の方にいきます。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165455j:plain

今回は、こちらの鍋を使っていきましょう。

 

ちなみに、この鍋の中には

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165520j:plain

貰ったスープが入っております。

そしてこのスープの中に、

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165628j:plain

茹でた麺をぶち込んでいきます。

思った以上に、すげえ絵面になってしまいました。

ブタの方も、

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164426j:plain

ちょうどいい大きさにして

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165703j:plain

温めていきます。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165718j:plain

ヤサイもさっと茹でましょう。

こういった工程を無視してしまうと、絶対に死にます。ふくらはぎがパンパンに腫れてどうしようもなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165741j:plain

「(はやくできねえかなあ…)」

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164426j:plain

ブタの準備が整いました。この後ヤサイの準備も完了したので、早速食べていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164509j:plain

準備完了し、完成したものを写真に収めようとしましたが、「写真!!!!写真撮るから!!!!!載せるために写真撮るから!!!!!!!」と制止しましたが、無視して貪るように食べ始めました。

みんなのテンションの盛り上がりが異常数になっており(僕も含め)、血眼になって鍋を見つめていました。

なので、もう使える写真が一枚もありません。

 

 

 

 

 

 

僕が唯一撮った使える写真ですが、

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164447j:plain

鍋からよそった、このラーメンの汁を見てみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164455j:plain

アブラの層、油葉(ゆば)が異常なことになっていました。多分、7年ほどの油を摂取したのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164511j:plain

いかがでしたでしょうか。「ナベジラァ」は。

「ナベジラァ」は5人前ぐらいを想定して作っているみたいなんですが、明らかに5人前以上の量がありました。僕たちは6人で食べましたが、みんなお腹いっぱいになっていました。

この「ナベジラァ」のお値段、なんと3,000円から!量も増やすことが可能だとか。これは小学校の学級会とかに持って行けば、クラスの人気者になること間違いないと思います。学校に持っていく場合は、親御さんの了承をもらってからにしましょう。まじでぶん殴られると思いますが。

 

しかしながら、この「ナベジラァ」を提供している「すばじらぁ」、現在は休業中です。再開は未定ですが、那覇市松尾にある激辛ラーメン「坂元激」(Twitterアカウント:@sakamotogeki)という店で提供している噂をききました。(現在は提供してないみたいです。)「今日はめちゃくちゃ苛々する」「なんか体の節々が痛い」「はぁ…すき…」みたいな気分の時に行ってはどうですか。僕はどちらも当てはまりませんがいきました。

 

皆さんも是非、食べてみましょう!食べた後、写真の僕みたいにブレブレになりますが。

 

 

 

 

書いた人:前巛K屋