読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くかもわからん。

働きたくないのです。

イモリを捕まえてきた

f:id:k_stereo_nhk:20160605225359j:plain

こんばんは、前巛K屋です。田園風景バックに失礼します。

私が今どこにいるかというと

f:id:k_stereo_nhk:20160605225512j:plain

ここにいます。そうです、名護です。

またかよ。と思ってらっしゃる方もいると思いますが、僕もまたかよ。と思っています。本当に道のりが長かった。

「なんで名護にいるの?」とか「名護行きすぎだろ」とか「なんで無職なの?」という声が聞こえてきそうですが、ちゃんと理由があります。

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605225546j:plain

イモリを捕まえてぇ(※写真はオタマジャクシ)

イモリが捕まえたい。とても捕まえたい。あのフォルムや、愛らしい顔。とてもとても可愛らしいじゃないですか。とてもとても可愛らしすぎて、彼らと戯れたい。見つめ合いたい。その気持ちが爆発して、今名護にいます。

 

なぜ彼らと戯れたいのか。

実は僕、最近生き物と戯れたい欲がすごいのです。マジで。

なので、自室には

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605225655j:plain

こんなのや

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605225854j:plain

こんなのや

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605225943j:plain

こんなのがいます

 

 

 

そうです。僕は両生類ファンなんです。

その両生類ファンの僕ですから、イモリと戯れたい欲を抑えることができずに名護にいます。

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230025j:plain

ですから今日は

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230139j:plain

頑張って

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230250j:plain

イモリを捕まえに行こうと思います!!!!

 

そこで今日はビッグなゲストをお呼びしました。

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230325j:plain

津波兄弟の父です。

津波兄弟の父である「テツオさん」にイモリのいる場所を案内してもらいます。よろしくお願い致します。

それでは

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230406j:plain

レッツゴー!!!!!!(今日まじで暑いな…)

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230446j:plain

ちなみにバックの田園は、僕無しだとこんなにも綺麗です。めちゃくちゃ心が浄化された後、僕がどれだけ汚いか痛感しました。都会と無職は本当に怖い。僕は本当にそう思いました。

 

 

 

 

そうこうしているうちに、早々と着きました。

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230532j:plain

マジでどこだここ。

え?ここにイモリがいるの?本当に?山道だよ?え?まってマジで。僕はこれからここに置いていかれるの?置き去り?怖い。本当に怖い。せめて職を手にするまでは待ってほしい。あと2年ぐらい待ってほしい。

と、不安に思ってしまうほどの山道でした。

しかしながら、ガードレール横を覗いてみると、

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230653j:plain

おっ…

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230615j:plain

おおおおお…

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230756j:plain

めっちゃいる…

え?めっちゃいる。普通にたくさんいる。ちょっと引いてしまうぐらいたいくさんいる。テツオさんと合流した場所からそんなに離れていないところにめちゃめちゃいる。マジで。びっくりどころじゃない、口が開いたままになってしまった。すげえ。本当にすげえ。

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230850j:plain

というわけで、余裕で捕まえました。少しだけ動き回るんですが、簡単に捕まえることができました。

そしてさらに

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605230930j:plain

超でかいモズクガニを捕まえました。

でけえ、こんなサイズ見たことない。と思っていたらテツオさんが「まだ小さいサイズ」と囁いてくれました。マジかよ、これ以上にでかいのがいるのかよ…。

初めて体験にワーキャーしていましたが、次は天然記念物のイボイモリを探しに場所移動。

移動先がこちら。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605231021j:plain

ジャングルかよ。本当に。

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605231120j:plain

テツオさん曰く、イボイモリはこういった茂みにいるとのこと。

しかし、残念ながら今回は見ることはできませんでした。そのかわり

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605231211j:plain

見たことのない植物を見つけました。本当に原生林だなここ。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605231321j:plain

その後はテツオさんと別れ、川で遊んでいました。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605231439j:plain

同行者のくにおくんは川にいたコイを取ると躍起になって、大フィーバーしていました。もちろん捕まえることはできませんでした。

 

 

 

 

 

そして、帰宅後

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605231528j:plain

イモリをプラスチックケースに移しました。

最初はジタバタしていましたが、今はだいぶ落ち着いて糸ミミズを食べています。

イモリが増えたことで僕の飼育スペースはこうなりました。

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605231610j:plain

ギッチギチ

少しやりすぎたと反省しています。ちなみに、中段左のケージは

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605231726j:plain

田園でヌマガエルを捕まえました。

こちらも今は落ち着いて、コオオロギをあげるとバクバク食べていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605231815j:plain

いかがだったでしょうか、大自然と戯れることは。

大自然と戯れる。それはとても大事なことです。子どもの時に感じたことを大人になって感じると、一味違った感情が湧き上がっています。撮影の間中、ずっと無職であることを忘れて、無邪気に楽しんでいました。大自然で遊ぶことは、都会で死んだ感情を蘇らせるにはうってつけです。そして、帰路につきながら思い出しました。僕は無職だと。自然に還るべきは僕なのかもしれません。それではみなさんへ、河童さんから一言をもらって締めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20160605231848j:plain

僕はもう寝ます、おやすみなさい。

 

 

 

 

撮影協力:津波のノリピー、ゆっきー、くにお、薬味

スペシャルサンクス:津波のテツオさん