読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くかもわからん。

働きたくないのです。

みんなでラーメン食べてみた

f:id:k_stereo_nhk:20161105164403j:plain

いきなり不細工な顔で失礼します、前巛K屋です。

今日はある場所に来ています。

ある場所と言いますと、

tabelog.com

ここに来ています。

以前の記事でも紹介したと思いますが、また一度紹介させていただきますね。

なぜすばじらぁに来たかというと、ここであるものが提供できると聞いてやって来ました。

それ何かと言うと、「ナベジラァ」です。

 

 

 

 

「ナベジラァ」??????

なんだそりゃ????「ナベ」と「ジラァ」???「おすぎ」と「ピーコ」みたいなものでしょうか。

「ナベジラァ」の字面から想像すると、想像した通りのものが出て来そうですがここはあえてなにも想像せずに行きましょう。

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164623j:plain

はい、着きました。

しかしながら、着いた時にはもうすでにシャッターが閉まっており「あ、今日はもう無理。超無理。まじで無理。家に帰って幽遊白書の桑原のモノマネして寝よう。」と思っていましたが、めちゃくちゃにゴネて店内に入ることができました。

 

 

 

店内で「ナベジラァ」について聞くと、むちゃくちゃでかいラーメンをむちゃくちゃでかい鍋にぶち込んで食す。というものでした。

これを初めて聞いた時、まじで何言ってるか理解できませんでしたが、無理やり理解しました。

店内に入ってからの写真は撮っていませんが、「ナベジラァ」の準備中、僕はずーっと「うわぁ…(恍惚」みたいなことを言っていました。

今思い出してもニヤついてしまいますが、けっして変な薬はやっていません。毎日ラーメン食べた後の割り箸を吸っているだけです。

 

 

準備が終わり、友人宅に持って行きました。

それがこちら。

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163412j:plain

笑う。

なにこれ、まじで。何もかもが多すぎ。よくマンガとかで「確かな重みを感じる…」というセリフがありますが、これを全部持ち上げた時にその気持ちがわかりました。確かな重みを感じる…。

 

なんにせよ、内容物を紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容物1:麺

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163437j:plain

麺です。

麺です。誰がどう見ても麺です。誰がどう見ても麺ですが、誰がどう見てもおかしい麺です。

 

 

内容量が多すぎる。

5〜6玉あると言っていましたが、あきらかにそれ以上あると思います。世が世ならこれを奪い取る時勢になると思います。多分、来ないと思いますが。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163456j:plain

実際に抱えてみると、赤子ぐらいの重みがありました。

確かな重みを感じる……。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164814j:plain

ちなみに、臭いを嗅いでみると…

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164833j:plain

あれの臭いがしました。

生命の息吹を感じる…。

 

 

 

 

 

 

 

 

内容物2:ブタ

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163542j:plain

ブタです。

チャーシューではありません。ブタです。なぜブタかというと、なんとなくチャーシューという名称で収まるような代物ではないと思ったからです。

だって見てください。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163607j:plain

禍々しすぎません???

はじめ見た時、「これって独裁国家の最終兵器か何かかな?」と思いました。

ちなみに、封を開けて触ってみたところ手がベタベタしただけだったのですぐにやめました。

 

 

 

 

 

 

内容物3:アブラ

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163631j:plain

アブラです。

何お言ってるかわかんねーと思いますが、これアブラです。本当なんです。信じてください。龍が如くにでてきたカラーギャングの名前が「ブルーZ」で、ダサすぎて信じたくない気持ちもわかりますが、本当なんです。

中を見てみると、

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163655j:plain

ノーコメントでいいっすか。

 

 

 

 

内容物4:カラメ

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163718j:plain

カラメです。

いわゆるラーメンダレみたいなもので、直飲みしたら即死します。使用の際は、用法用量を守って使いましょう。さもなくば、死。Dead or Aliveです。

 

 

 

 

 

内容物5:ヤサイ

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163517j:plain

ヤサイです。

ヤサイです。もうなんか量が異常なんですが、もう見慣れて来ました。はいはい、多いですね。もう勘弁してください。という風に投げやり状態になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

内容物6:ニンニク

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105163737j:plain

ニンニクです。

はい、ニンニクです。まごうことないニンニクです。麺と同じく量が異常ですが、ニンニク好きな僕からするとまじでパラダイス。

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165137j:plain

では、早速臭いを嗅いで…

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165200j:plain

グェボォ!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーーーーー

ーーー

ーー

 

 

 

では、調理の方にいきます。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165455j:plain

今回は、こちらの鍋を使っていきましょう。

 

ちなみに、この鍋の中には

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165520j:plain

貰ったスープが入っております。

そしてこのスープの中に、

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165628j:plain

茹でた麺をぶち込んでいきます。

思った以上に、すげえ絵面になってしまいました。

ブタの方も、

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164426j:plain

ちょうどいい大きさにして

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165703j:plain

温めていきます。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165718j:plain

ヤサイもさっと茹でましょう。

こういった工程を無視してしまうと、絶対に死にます。ふくらはぎがパンパンに腫れてどうしようもなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105165741j:plain

「(はやくできねえかなあ…)」

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164426j:plain

ブタの準備が整いました。この後ヤサイの準備も完了したので、早速食べていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164509j:plain

準備完了し、完成したものを写真に収めようとしましたが、「写真!!!!写真撮るから!!!!!載せるために写真撮るから!!!!!!!」と制止しましたが、無視して貪るように食べ始めました。

みんなのテンションの盛り上がりが異常数になっており(僕も含め)、血眼になって鍋を見つめていました。

なので、もう使える写真が一枚もありません。

 

 

 

 

 

 

僕が唯一撮った使える写真ですが、

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164447j:plain

鍋からよそった、このラーメンの汁を見てみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164455j:plain

アブラの層、油葉(ゆば)が異常なことになっていました。多分、7年ほどの油を摂取したのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161105164511j:plain

いかがでしたでしょうか。「ナベジラァ」は。

「ナベジラァ」は5人前ぐらいを想定して作っているみたいなんですが、明らかに5人前以上の量がありました。僕たちは6人で食べましたが、みんなお腹いっぱいになっていました。

この「ナベジラァ」のお値段、なんと3,000円から!量も増やすことが可能だとか。これは小学校の学級会とかに持って行けば、クラスの人気者になること間違いないと思います。学校に持っていく場合は、親御さんの了承をもらってからにしましょう。まじでぶん殴られると思いますが。

 

しかしながら、この「ナベジラァ」を提供している「すばじらぁ」、現在は休業中です。再開は未定ですが、那覇市松尾にある激辛ラーメン「坂元激」(Twitterアカウント:@sakamotogeki)という店で提供している噂をききました。(現在は提供してないみたいです。)「今日はめちゃくちゃ苛々する」「なんか体の節々が痛い」「はぁ…すき…」みたいな気分の時に行ってはどうですか。僕はどちらも当てはまりませんがいきました。

 

皆さんも是非、食べてみましょう!食べた後、写真の僕みたいにブレブレになりますが。

 

 

 

 

書いた人:前巛K屋

 

 

【シャッフル月間】沖縄そばを食べてみた

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215327j:plain

こんばんは、前巛K屋です。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215331j:plain

今日の企画はですね、マンドラゴラの合成を行おうと…

(スッ…)

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215335j:plain

…??

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215340j:plain

ダブルオーライザー!!!!!!!!!!!!!(ドゴォ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215343j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215347j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215352j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215358j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215405j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215415j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215419j:plain

選ばれし運命の子らよ…。どうも、ヤングドーナツです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215425j:plain

今日は宜野湾市のカロリーを支える"上間てんぷら"にあるものを食べに行きたいと思います。

 

 

 

それでは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215430j:plain

馳せ参らさん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215435j:plain

到着いたしました。ここが断菜の弁当屋こと"上間てんぷら"である。
それでは迷える子羊、前巛K屋君を起こしてあげましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215443j:plain

(ハッ!!)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215448j:plain

ヤングドーナツ「おはよう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215453j:plain

前「ギャー!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215459j:plain

ヤン「あまり騒がないことです。前巛君、神は沈黙を尊ばれます。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215503j:plain

ヤン「ところで前巛君、一つお聞きしてもよろしいでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215507j:plain

(今日のキャラ設定気持ち悪いな…) 「なっ…なんでしょうか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215514j:plain

沖縄県で一番美味しいそば屋とはどこかね?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215519j:plain

「えっ!?…我部祖河そばかな?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215525j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215528j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215533j:plain

「ぬぁりませ~ん!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215538j:plain

「ええ?!じゃあ、北谷の…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215525j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215528j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215533j:plain

「ぬぁりませ~ん!!!!!!!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215545j:plain

前「えっ、じゃあ上間てんぷらでしょうか?」

ヤン「そうです。一番美味しいそばは"上間てんぷら"にあります。」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215551j:plain

「それでは前川君には美味しいおそばをいただいてもらいます。勿論私のおごりでね。」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215557j:plain

「それ僕の財布なんですけど」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215525j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215528j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215533j:plain

「ぬぁりませ~ん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーー

ーーーーーーー

ーーーー

ーー

そしてヤングドーナツが入店して2分後…

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215601j:plain

「前巛、前巛よ…神の御心が現世に神々しいお姿を表しましたぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215611j:plain

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215616j:plain

「名付けて"俺が考えたニクソン・ショック"!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215606j:plain

ヤン「前川君、我々は奇跡を目の当たりにしているぞ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215259j:plain

「肉…ニクソン・ショック…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215619j:plain

ヤン「さぁ、箸をとるのだ前巛君!東京で二郎を食べてイキり散らしている君ならば何の問題も無かろう!!」

前「別にイキってねぇよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215623j:plain

前「まあ、いいや…。それじゃあ、いただききます。」

パクっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215629j:plain

ヤン「コラ!最初から紅生姜で三枚肉の味をごまかすでない!!この不届き者!!」

 

ヤン「次は麺を食べてみなさい」

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215632j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215638j:plain

 

 

 

(ズズズ…)

前「さっきの三枚肉とは違って甘くない…美味しいぞ。この麺こそ沖縄そばのオアシスだ…」

ヤン「感動するにはまだ早いぞ。信者前巛よ、汁をすすってみなさい

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215642j:plain

ズズズ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215647j:plain

前「?!?!?!?!?!?!?!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215704j:plain

前「あまぁっ!!!!!!!!!!」

ヤン「そう汁は甘いんです。…このそばは、容器に入った麺に甘く煮付けた三枚肉を盛りスープをそそぐという調理手順を踏む。その段階で三枚肉が吸った煮汁がスープに溶けることは必然だ。三枚肉の一枚や二枚なら何の問題もないが、もし三枚肉九枚ぶんの煮汁がスープに溶け込んだらどうなるだろう?」

 

前「スープは……煮汁に変わる…」

 

 

 

 

 

 

 

 

それから10分間、前川ケイヤはニクソン・ショックと格闘を続けた…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215709j:plain

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215711j:plain

ヤングドーナツ神父の助けもあり、前巛K屋は残り三枚まで三枚肉を減らした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215715j:plain

前「甘いー…キツいー…」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215728j:plain

ヤン「そういうときは…これだ!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215736j:plain

ヤン「sweet kiss

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215739j:plain

ヤン「さぁ!飲みましょう!!」

前「うわっ!?めっちゃ黄色!!

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215741j:plain

(ゴクリ…)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215745j:plain

前「ccレモンの劣化番だな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215748j:plain

ヤン「sweet kissは僕の思春期を支えた飲み物なんだ。僕は"第二の母乳"と呼んでいるよ」

 

 

 

 

 

 

そうこうしている間に前川ケイヤは最後の肉を食べきった…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215754j:plain

前「うっ…胸焼けがする…意識が朦朧としてきた…食ってたときの記憶がない…てか、俺は誰だ?…誰ぞ…誰ぞあれ!

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215753j:plain

ヤン「前川君」

前「…ん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215755j:plain

ヤン「汁を全部飲もうか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215758j:plain

前「わかりました。汁を飲めばいいんですね。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215802j:plain

(ゴクリ、ゴクリ…)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215805j:plain

前「!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215808j:plain

前「あ“あ“あ“あ“あ“!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215810j:plain

前「●×△#□Ω※~!あ“あ“●×△ぃぃぃ!!!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161017215812j:plain

ヤン「いかがでしたでしょうか。私のたった一つの望み…美味しい沖縄そば。そのために今日も多大なる犠牲が払われました。美味しい沖縄そばを求めることが善いことなのかわかりません。でも、それでもその先にあるものを、一人の人間として…そばの持つ可能性を、私は信じたい。」

 

 

 

 

 

 

書いた人:津波ヤングドーナツ

 

低知能ラジオ 006「ボツネタ会議」

soundcloud.com

今回の低知能ラジオは初の企画物。その名も「ボツネタ会議」。ボツにしたネタは生きているのか、それとも死んでいるのか。とあるゲストを招いて判定してもらいました。

 

ラジオ内で言及していますが、今日から一ヶ月の間(10/6~11/6)にレギュラーの方に記事を書いてもらいます。

今後、アップする記事もお楽しみに!

 

 

 

ご意見・ご感想お持ちしています。

eleanor.eleanor.02@gmail.com

ネルネルネルネしてみた

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003171749j:plain

こんばんは、前巛K屋です。

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003171836j:plain

いきなりですが、質問です。

皆様はネルネルネルネってご存知ですか?

もちろんご存知ですよね。あのネルネルネルネです。

 

 

 

 

 

知らない方のために説明すると、

 

・白い粉を複数入れる

・水で溶かす

・練る

・食べる

 

といった、お菓子です。食べたことありまよね。

でも万が一知らない方のため、作り方をおさらいしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003171918j:plain

封を開けると、内容はこういう風になっています。

ざっと説明すると、

 

・1番の白い粉と水を入れます。

・2番の粉を入れます。

・混ぜる。

・3番の粒をつけて食べる。

・すると、なんと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172136j:plain

f:id:k_stereo_nhk:20161003172154j:plain

f:id:k_stereo_nhk:20161003172212j:plain

美味しくない。

ネルネルネルネには1つ大きな問題があるんです。

それは、壊滅的に美味しくない点です。

なんなのこれ?まじで。一体どういうことなの?なんなの、人をなめてんのか?バカにするのもいい加減にしろ。一体何な時なんだ君は。我が物顔でポッキーの隣に並ぶな。頼むから悪めだちだけはしないでくれ。

 

 

というふうに、ネルネルネルネのことを考えると一睡もできません。

 

 

 

しかし、こういうふうに憎しみの感情だけを抱えて今後の生活を送るとなると、身心に悪い影響を与えてしまいます。

ならば、どうするか。

ネルネルネルネを美味しくする方法を考えてみましょう。

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172031j:plain

う〜〜〜〜〜ん、どうしようかなあ〜〜〜〜。やるからには、誰にでもできる単純さとお手軽さを兼ね備えたやり方じゃないといけないよな〜〜〜。ううう〜〜〜ん。何があるかなあ〜〜。「つけ麺の汁にして食べる」……。いや、違うなあ〜〜。単純だけどお手軽じゃないしなあ〜〜〜。ううう〜〜〜ん………。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172358j:plain

あ、そうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172440j:plain

10000回ネルネルネルネすればいいんだ。

 

というわけで、ネルネルネルネを10000回混ぜてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172549j:plain

それでは………

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172605j:plain

10000回………

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172417j:plain

混ぜていきます!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172742j:plain

うおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172804j:plain

い゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛え゛!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172822j:plain

あああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172840j:plain

ネルネルネルネ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003172919j:plain

僕の目の前では異常な量の杏仁豆腐を食べている方がいましたが、気にしないことにします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003173125j:plain

というわけで、1000回混ぜました。

はっきり言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003173230j:plain

これって余裕〜〜〜〜〜!!!!!

ええ〜〜〜!!まじで楽チンじゃん!!1000回混ぜるのにそんなに時間かからなかったんですけど〜〜!!

こりゃすぐに10000回いくな!ヨユーヨユー!余裕すぎて申し訳ないわ〜〜!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003173320j:plain

ちなみに、杏仁豆腐は全然食べきれてませんでした。本当なんなんだこいつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、気を取り直していきましょう!あと、9000回!!

 

 

 

 

 

 

 

 

15分後〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003173434j:plain

2000回混ぜました。ネルネルネルネはこういう風になりました。

普通回数とどう違うかっていうと、

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003173521j:plain

めちゃくちゃ伸びます。

うわあ。なんか作ってはいけないようなものを作っている気がして、ワクワク感が止まりません。

けど、2000回目にして気づいたことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003173539j:plain

 これめちゃくちゃ疲れる。

いや、聞いてください。まじな理由があるんです。

1000回!1000回までは本当に余裕だったんですよ。けど、1200回あたりから「あれ?これやばくないか?」って思い始めたんですよ。

1300回目になると「大変なものに足を踏み入れてしまった」と痛感しました。

こんだけやったのにあと8000回ネルネルネルネしないといけないって、何かの罰なんでしょうか。

けど行ってしまった以上、最後までやり遂げてみせます。

10000回ネルネルネルネしてみます!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003173636j:plain

f:id:k_stereo_nhk:20161003173747j:plain

f:id:k_stereo_nhk:20161003173658j:plain

杏仁豆腐はかなり残りました。なんなんだよまじで。

 

 

 

 

 

 

 

2時間後〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003173850j:plain

お疲れ様です、前巛K屋です。

現在、ネルネルネルネは9000回を超えました。

ここまで来るのにかなりの時間がかかりましたが、もうゴール目前です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003173912j:plain

本当に長い道のりでした。ネルネルネルネしている途中に、まじなトーンで「やめよう」と言ったり、スターバックスまで来てなんでネルネルネルネ混ぜているかわからないし、本当に辛かった。

でも、ゴール直前の今でも思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003173958j:plain

何してんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003174027j:plain

というわけで、10000回混ぜました。

終わった後の達成感が全然なくて、悲しい気持ちに支配されそうになりました。

ですが!!!!!

 

 

 

 

今から!!!!!

 

 

 

 

 

こいつを!!!!

 

 

 

 

食べます!!!!!!!!!!!

 

 

10000回ネルネルネルネしたネルネルネルネの特徴を言うと、

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003174152j:plain

・むちゃくちゃ伸びます

・どっしりしている

 

以上です。

それでは、実食!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003174331j:plain

あーん

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003174356j:plain

パクッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003174415j:plain

………………。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003174506j:plain

ンッフ。

 

 

 

 

なんというか、あれです。

めちゃくちゃハイチュウの食感。

え、なにこれ。めちゃくちゃハイチュウ。すごい。10000回ネルネルネルネすると、お菓子の次元を超えてきました。

 

これは驚きました。同行者の仙台くんにも食べてもらうと…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:k_stereo_nhk:20161003174558j:plain

「ハイチュウだ」

 

 

と、僕と同じ感想を言っていました。

しかし、どうしても変わらないものが1つだけありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しくなかったです。

 

僕からは以上です。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

撮影協力:ノリピー、仙台

 

低知能ラジオ 005「要らないもの」

soundcloud.com

 

 

 

 

お便り(ご意見・ご感想)お待ちしております。

eleanor-eleanor@softbank.ne.jp